メニュー

なかなか治らない傷(難治性皮膚潰瘍)

ケガ・やけどの傷などがなかなか治らない状態を「難治性皮膚潰瘍」とよびます。原因として糖尿病、血行障害、栄養失調、感染、褥瘡・慢性的な摩擦等の機械的刺激、稀ですが皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)等が挙げられます。これらの原因が特に無くても、適切な治療が行われていないがために、傷口が常に乾燥していたり、化膿していたりすると、治りが遅れ傷口が慢性化している場合があります。

形成外科は傷の専門科です。早く治すための知識と技術があります。また難治性皮膚潰瘍となる原因の検索が必要と判断された場合は、適切なタイミングで総合病院へ紹介を行います。

まずはお気軽にご相談ください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME