メニュー

プラセンタ注射

プラセンタ注射は美肌・美白作用に加え、冷え性、更年期障害、生理痛、アレルギーの改善効果などが報告されております。

 

通常1回あたり1アンプル(2ml)を二の腕の上外側に筋肉注射または皮下注射します(症状の程度に応じて2アンプル(4ml)打つこともあります)。

※注意)プラセンタ注射は原料として国内のヒトの胎盤(プラセンタ)が使われています。生体由来のため感染症のリスクがある薬剤として特定生物由来製薬の指定を受けています。昭和49年の製品発売以来現在まで感染症の報告はありませんが、1度でもプラセンタ注射をした方は献血ができません。なお、HIV(エイズ)、B型肝炎、C型肝炎などの感染症にかかっている可能性がある方はプラセンタ初回接種の前に採血検査でこれらの感染症が無い科かチェックを受けてから接種していただく必要があります。

※美容皮膚科受診の際の注意事項(必ずお読みください)※

 

料金表はこちら

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME