メニュー

ワキ汗ボトックス(自費の方)

日常生活で困るほど、汗が多く出る疾患を「多汗症」と言います。症状が出やすいのは、汗腺が密集しているワキ、手のひら、足の裏、おでこです。このうちワキの重度の原発性多汗症は保険適用となります。

ボトックスは体温調節の際に分泌されるエクリン腺由来の汗(いわゆる汗臭い汗)と緊張したときなどに分泌されるアポクリン腺由来の汗(いわゆるワキガっぽい匂いの汗)の両方をブロックすることが可能ですので

汗の量だけでなくワキ汗特有の嫌な臭いも同時に改善することが可能です。

治療法

◆ボツリヌストキシン注射

わきの下の皮膚全体に注射します(ワキの面積にもよりますが、片側当たり12〜20箇所に細かく注射します)。

使用する針は顔の美容注射にも使用される非常に細い針を使用します。

効果は個人差がありますが、2〜3日で現れ、1週間ほどで効果が安定し、その後約4~9か月ほど効果が持続します。

汗をかく初夏から初秋にかけて治療を希望される場合が多いです。

 

15歳未満の方は保険適用がありません。当院では13、14歳の方に対して保護者様の同意のもと自費でワキ汗ボトックスを行っております。

 料金は両側で6万円(麻酔クリーム代込み)、別途診察代(自費初診料3000円または自費再診料1000円)がかかります。

局所注射に熟練した形成外科専門医の女性医師が痛みに最大限配慮しながら治療を行います。

お気軽にご相談ください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME