メニュー

手荒れ、手湿疹

洗い物などの毎日の水仕事をしている方に生じやすい手荒れで、「主婦湿疹」とも呼ばれます。手洗い回数の多い美容師、飲食業、医療関係職の方や、また、紙を頻繁に扱う職業の方や、パソコンを長時間操作する方にもよく見られます。外的刺激により、手のバリア機能が低下することで発症しやすくなりますが、空気の乾燥や手指の冷えも一因になります。症状指先のかさつきから始まり、皮むけ・角質が硬く厚くなる、ひび割れなどを生じ、次第にかゆみが生じるようになります。進行すると強いかゆみを来し、小さな水ぶくれができはじめたり強い赤みが手のひら全体に広がり、痛みを伴うようになります。


 

治療法

◆手への刺激を避ける

  • 食器洗い用洗剤を直接触れずに洗い物の際は手袋をする。
  • 石鹸やハンドソープ等を使用した頻繁な手洗いは避ける。
  • 手のアルコール消毒を避ける。
  • 寒い時期の外出は手袋をする。

◆保湿

  • 保湿剤の処方。
  • 手洗いの後、入浴後などはこまめに付け直す。

◆ステロイド剤外用

◆抗アレルギー(ヒスタミン)薬内服

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME