メニュー

みずむし

水虫・爪白癬の治療白癬菌(はくせんきん)が足の指や裏など皮膚の角質や皮下組織を侵食する事によって炎症などが起きる感染症です。一般には水虫という通称で呼ばれています。かゆみを伴うことがほとんどで、角質の皮剥け、ふやけ、小さな水ぶくれなどの症状を認めます。


 

原因

通気性の悪い靴を長時間履いている方など白癬菌が繁殖しやすい環境にある方が感染しやすくなります。

検査

病変部の角質をピンセットなどで採取し、顕微鏡で直接みずむし菌がいるか確認します。

治療

検査でみずむし菌が確認されれば抗真菌薬の外用で治療いたします。※市販のみずむし薬も含めここ1~2週間以内にみずむし薬を使用していた場合はみずむしであっても検査でみずむし菌が検出されない場合があります。その場合は2週間の休薬をしていただき再度来院していただき検査をいたします。


※難治性である場合や、症状により抗真菌薬の内服治療が必要と判断される場合は、最寄りの皮膚科専門医への紹介を行う可能性があります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME