メニュー

眼瞼下垂・眼瞼内反症

眼瞼下垂

眼瞼下垂は生まれつきの「先天性」と年齢による瞼の垂れ下がりが原因の「老人性」の2つに分かれます。先天性の場合は、筋膜移植術などの特殊な手術が必要であり総合病院などの専門機関への紹介を行います。

当院では後者の「老人性眼瞼下垂」の手術を行っています。皮膚だけを切除すればよい場合もありますが、まぶたの筋肉自体がゆるんでいる場合は眼瞼挙筋腱膜前転という筋肉のゆるみを改善する術式となります。

※症状に乏しい又は症状があっても他覚的に瞼の下垂がほとんど認められない場合はこの手術の保険適用外となります。当院では保険適応の方に限り、手術を行っております。

眼瞼内反症

眼瞼内反とは加齢などによりまぶたが変形し「逆さまつ毛」になることをいいます。まつ毛が眼球に当たって刺激となり慢性的な炎症や角膜びらんなどを生じるようであれば手術が必要であり保険適応となります。

上眼瞼の眼瞼内反では眼瞼下垂を合併している場合が多く、その場合は挙筋短縮術などの眼瞼下垂症の手術が必要です。

※症状に乏しい場合は保険適応外となります。当院では保険適応の方に限り手術を行っております。

 


当院では単なる機能の改善だけでなく、全体のバランスや術後の見た目の印象の変化などに最大限配慮した手術方法のご提案を行いますので、まずはお気軽に御相談ください。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME