メニュー

肝斑

肝斑とは

肝斑は「しみ」の一種です。一般的には頬やおでこ、フェイスラインなどに、もやっとしたクスミのように両側に現れることが多いですが、実際はパラパラとしたそばかす様だったり片側だけのこともあり現れ方は多様です。

肝斑の原因

男性よりも圧倒的に多く、妊娠・出産・ピルなどの女性ホルモン内服などをきっかけに出てくることもあるため女性ホルモンとの因果関係が疑われており、30代頃より現れはじめ40・50代にピークを迎え、閉経後は自然に消退する傾向にありますが、はっきりとした原因は分かっていません。

また紫外線やクレンジングやマッサージなどの摩擦も悪化させる要因であることいわれています。


肝斑の治療

肝斑は、一般的なシミ治療として行われるレーザー治療ではむしろ悪化してしまいます。肝斑は「なんらかの慢性炎症による色素沈着」の側面をもっているため、レーザーのような強い治療はかえって炎症を悪化させてしまうためです。

◆スキンケア習慣の見直し

  毎日のしっかりメイクとクレンジング&W洗顔。。これらは慢性的な乾燥を招くため、保湿や美白のためにあれこれ何種類も美容液などを重ね塗りしてしまう。。さらに、たるみも気になってきたりすると、ゴロゴロとローラーのようなもので毎日マッサージをしたり、、。これらの行為は表皮をすり減らしバリア機能の低下、慢性的な炎症を招きます。バリア機能が低下すると、紫外線が皮膚の中に入りやすくなります(日焼け止めだけではかなり分厚く塗らないと紫外線を防御できませんので日傘やマスクなどの物理的遮光が必要です)。紫外線は細胞のDNAを破壊しますので、肌は皮膚の細胞を守ろうとメラニンを必死に作ろうとしますので、肝斑が悪化します。肝斑が悪化したらそれを隠そうとさらにコンシーラーをたたき込むように塗る。。これらの負のスパイラルで肝斑はしだいに悪化していきます。

当院では肝斑の治療を行うにあたり、日頃の正しいスキンケア習慣が最も大切と考えています。これらの「こする・さわる癖」「紫外線対策が不十分」が改善されなければ、いかなる治療も無効または治療により逆に悪化してしまうリスクとなりえると考えるからです。

 

◆まずはトラネキサム酸とビタミン剤の内服

  近年、レーザートーニングのようなレーザーを肝斑全体に弱く照射する治療が流行しておりますが、これはあくまでもスキンケア習慣の改善とトラネキサム酸とビタミン剤の内服で肌の炎症がある程度改善した後に補助的に行うものと考えています。レーザートーニング単独では効果が乏しいまたは悪化することが多く、運良く改善したとしても効果は一時的でトーニングをやめると間もなく元に戻るか悪化してしまうことがほとんどです。トラネキサム酸は炎症による色素沈着を抑制し、肝斑への有効性が医学的に検証されております。ビタミン剤は肌の代謝を整え、肌の炎症を予防し、色素沈着を改善する効果がありますので、肝斑の特効薬であるトラネキサム酸と合わせて内服することで相乗効果をはかります。

様々な事情により内服が出来ない方、どうしても内服に抵抗がある方などは内服よりは効果は劣りますがトラネキサム酸の塗り薬を使用します。

 

◆施術系は補助的な治療

  スキンケア習慣とトラネキサム酸内服により肌の炎症が落ち着いてきたら、BBL(肝斑を悪化させづらいモード)のごくマイルドな照射、トラネキサム酸やビタミンC等の有効成分のイオン導入、必要に応じてマイルドなピーリングなどをご提案します(※初回から内服していない状態でBBLやピーリングを積極的に行うことは肝斑の悪化を招くリスクがあり、致しかねますのでご了承ください)。

 


専門知識と経験豊富な女性医師が肌状態を確認しながら診察を行います。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME