メニュー

陥没乳頭(保険適用)

陥没乳頭とは

乳首がきちんと突出しておらず陥没している状態を陥没乳頭といいます。赤ちゃんの授乳の際に母乳がうまく出なかったり、細菌感染を起こしやすくなったりします。軽度のものでは乳頭吸引器を装着し改善する場合もありますが、引っ張ても出てこない、出てきてもすぐに引っ込んでしまうなど程度の強い場合は、手術しないとほとんど改善しません。

当院では保険適応の方の手術を行っています

将来授乳を考えられている方で手術以外では改善の余地が無い場合には保険が適応されます。当院では保険適応の方の手術を行っております(単なる見た目の改善が目的の場合の手術は行っておりませんのであらかじめご了承ください)

当院で保険適用と判断する条件:①原則20歳以上、45歳未満で近い将来妊娠・授乳を検討されている方②刺激等で完全に突出することのない中等度以上の陥没

※上記に該当する場合でも保険適用とならない場合もあります。詳しくは診察を受けてください。

手術方法 

当院では酒井法で手術を行います。乳管をできるだけ傷つけずに慎重に陥没を解除します。術後の傷跡は基本的に乳首から乳首の基部の乳輪部分にわずかにかかるくらいで、ほとんど目立たなくなります。陥没乳頭の手術は形成外科の専門分野です。機能だけでなく、傷あとがなるべく目立たなくなるように最大限配慮します。

 

酒井法 

手術までの流れ

1⃣御予約

 診察の御予約をお取りください(営業時間内にお電話で御予約ください)。

2⃣診察

・女性医師が乳頭の状態を確認します。

・治療方法、リスクなど、詳しく説明します。

 保険適用での手術適応が有り当院での手術が可能と判断された場合、手術の御予約が可能です。

 手術を御希望の場合は手術の御予約と術前採血検査を行います。

手術当日の流れ(所要時間:1時間半~2時間程)

  • 乳頭の術前写真を撮影しカルテに保存します。
  • 局所麻酔を行います。麻酔が十分に効き、痛みが完全に取れていることを確認してから手術を開始します。
  • 乳管をできるだけ傷つけないように周囲組織から丁寧に剝離し乳頭を引き出します。
  • 形が出来上がったら、乳頭の根元をしっかりとした吸収糸で縫合した後、皮膚を非常に細い糸を用いて丁寧に縫合していきます。
  • 術後には再陥没しないように固定具を用いて保護します。術後翌日からシャワーを浴びれるように防水フィルムで手術部位を保護します。
     
  • お着替えの後に、手術後の注意点などを女性看護師が丁寧に説明します。
  • お会計・次回の診察予約をしていただき終了となります。

手術後以降の流れ

【入浴・生活について】
  • 手術後当日はシャワー及び入浴はできません。出血予防のため飲酒・運動などは避け、安静に過ごしてください。
  • 手術翌日からシャワーは可能です。※フィルムに直接シャワーをかけないようにしてください。フィルムによる保護期間は1週間を要します。
  • 湯舟は術後約1週間の抜糸後よりから可能となります。
  • 運動は抜糸後から徐々に再開していただけます。
  • 抜糸後はスポンジキャップによる保護を3ヵ月程度継続していただきます。緩めのブラを着用してください。
  • 手術部位に授乳などの強い摩擦が加わっても問題無い状態になるまで6ヶ月程度かかります。
【術後の診察予定】
  • 手術翌日~3日後:診察およびガーゼ保護の確認・交換
  • 術後7日後~14日後:ガーゼ抜去、抜糸・固定具への変更、手術部位洗浄許可・湯舟許可・運動許可
  • 1ヶ月後以降:乳頭の状態確認
    ※術後の通院日程・回数は患者様の状態により異なります。

手術費用 

保険適応・3割負担でおおよそ 45,000円(両側)

※片側の場合、手術費用は半分になります。
※上記費用の他に初・再診料、処方箋料等の基本の保健理療費が必要になります。

 

女性医師が診察から手術まで全て担当しますので、まずはお気軽に御相談ください。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME