メニュー

陥没乳頭

乳首がきちんと突出しておらず陥没している状態を陥没乳頭といいます。赤ちゃんの授乳の際に母乳がうまく出なかったり、細菌感染を起こしやすくなったりします。軽度のものでは乳頭吸引器を装着し改善する場合もありますが、引っ張ても出てこない、出てきてもすぐに引っ込んでしまうなど程度の強い場合は、手術しないとほとんど改善しません。将来授乳を考えられている方の手術では保険が適応されます。当院では保険適応の方の手術を行っております(単なる見た目の改善が目的の場合の手術は行っておりませんのであらかじめご了承ください)。

手術では、乳管をできるだけ傷つけずに慎重にかつ、陥没をしっかりと解除してくることが重要です。陥没乳頭の手術は形成外科の専門分野です。機能だけでなく、傷あとがなるべく目立たなくなるように最大限配慮します。

190408_わたなべ形成外科_18女性医師が診察から手術まで全て担当しますので、まずはお気軽に御相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME