メニュー

「形成外科」ってなぁに?

[2019.03.03]

「形成外科」というとあまり聞きなれないかと思います。「え?整形外科?」「美容整形する科?」などとよく聞かれます。

形成外科は主に身体の表面の形態や機能の異常を治療する科です。たとえば一番身近なのが擦り傷・切り傷・やけどなどの「外傷」や「傷あとのひきつれ・ケロイド」の治療、粉瘤などの皮膚や皮下組織のできもの(腫瘍)の摘出手術などです。他にも眼瞼下垂や腋臭症、陥没乳頭なども形成外科で専門的に行われる手術です。眼瞼下垂は眼科じゃないの?陥没乳頭は乳腺外科では?と思われる方も多いと思いますが、機能だけでなく形態の改善も同時にはかる必要があるため、総合病院などでは両者ともに形成外科に依頼されることがほとんどです。このように手術の部位は頭のてっぺんから足の先まで、手術の種類も多種多様なのです。

美容整形については「見た目の改善」という意味では、顔面や体表面の解剖的知識や手術経験が豊富な形成外科が最も近い科なのかなとは思います。形成外科医で美容外科もされるという先生も少なくありません。形成外科医にとって美容外科的知識と経験は保険診療においても役立つ場面が多いというのが正直なところで、私自身も形成外科専門医を取得しひととおりの保険手術の経験を積んでからは、美容クリニックでの経験を重点的を積んだものです。

保険から美容まで診療に走り続けて、はや14年。。。その間に出産・子育てと、あっという間に40歳。。。最近は医師でありながら健康番組にかじりついております(笑)。

さて、2月中旬頃から濃厚な花粉が飛んでおり、鼻の奥、もはやノドがチクチクかゆいです!花粉症が和らいでくる時期に桜が咲くという印象だったのですが、今年は暖冬のため開花が早まるよう。。ムズムズしながらお花見となりそうです( ;∀;)

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME