メニュー

ギラギラ紫外線、さようなら。カラッカラ乾燥、こんにちわ。

[2019.11.02]

やっと紫外線が強い時期が去ったと思いきや、迫りくる「カラッカラ乾燥ちゃん」の気配。。紫外線同様に乾燥はお肌の大敵です。ピーリング、光系(BBL)の施術は一時的に乾燥を悪化させるので、紫外線の強かった夏場と同様に、これからの季節も注意が必要です。なんで注意が必要かって?アジア人は紫外線や乾燥等によるダメージを受け肌が強い炎症を起こすと、容易に色素沈着を起こしてしまうからなのであります!炎症後の色素沈着は厄介ですよ~。1日で黒ずむくせに、抜けるまでに3か月くらいかかりますからね。炎症が続くと、ず~っと色素沈着し続け、しまいには色素が真皮に落ち込み、自然には代謝されない黒ずみとして残ってしまいますから。。

美肌・健やかなお肌の維持のためには、紫外線同様、乾燥もしっかりと対策をしていただきたいものです!

乾燥対策として

①クレンジングオイルを毎日のように使わない

 どうしても連日使用する場合は保湿用美容オイルをなじませてメイク浮かせ、その上からクレンジングオイルをさっと乗せて洗い流す。美容オイルとはスクラワンや椿オイルなど。日頃食品として摂取しているサラダオイルとかオリーブオイルとかはやめた方が良いですよ。アレルギーを起こすリスクがありますから。。(;´Д`)

②W洗顔はしない

  クレンジングオイル→洗顔フォームの流れはお肌にとってはナカナカの拷問ですよ。。肌本来が保有する保湿因子を根こそぎ洗い流してしまうわけですから。。(;´Д`)

ぶっちゃけこの2つを守っていれば、どんな化粧品を使ってもだいたい自分自身の潤うチカラでひどい乾燥には至りづらいと思います(アトピー性皮膚炎の既往のある方や70歳以上の高齢者といった元々の潤う力が弱い方々は別として。。)

↑私も若い頃はコスメが好きでいろんなファンデーションやらを塗って、いろんなクレンジング剤と洗顔フォームのW洗顔できっちり汚れを落としたという自己満足にうっとりして、いろんな美容成分を入れなければとあれこれ何種類も美容液を塗って、化粧水・乳液・クリームと律儀にライン使いして。。20代なのに見事に乾燥ですごい肌荒れを起こしましたね。。その原因が毎日の過度な洗顔とスキンケアであったということに気づくまでには、まだ学生だったので非常に時間がかかりました。。

 

ちなみに私の日頃のスキンケアは(興味の無い方はごめんなさい)。。。

朝はぬるま湯でさっと洗顔、目ヤニとかよだれとかを落とす程度 ←汚くてすみません(汗)

メイクの伸びをよくして肌との摩擦を避けるために、化粧水を適量さっと乗せる(長時間保湿効果が持続し低刺激なセルニュー+のモイスチュアローションExを使用しています)。

img01

 

日頃のメイクは石鹸で落とせて多少のUVブロック効果も少しある肌色をUPしてくれるコントロールカラー下地のみ(地肌が黄色いのでノブのピンクベースを使用しています)。

51elHBmy-VL._SX466_

 

 最近復活しつつあるシミそばかすは、日ごろのメイクではコンシーラーで隠すことはしていません。ポイントで皮膚をしつこくこすると刺激でシミがよけいに濃くなってしまうから。。ハイドロキノン入りのコンシーラーもありますが、ハイドロキノンでかぶれてしまう肌質の私は使えません(´;ω;`)

 

紫外線の強い時期は日傘や帽子で顔を常に日陰にしています。旅行とかで砂浜とか雪の上とか白っぽい地面を歩かなければならない場合やバーベキューや子供の運動会などで長時間屋外にいなければならないときは反射光の問題も考慮しさらにマスクもします。ときにはサングラスも。。←こうなると完全に不審者ですが。。。(;´Д`)

ちなみに日傘は表が白で裏が黒のものを使用しています。白は紫外線を反射するのではねのけつつ日傘が熱くならない、黒は紫外線を吸収しますので地面から反射してきた紫外線を吸収し跳ね返って顔に当たるということがないということです。

乾燥の強い時期に屋外を歩くときはマスクで最も乾燥しやすい頬から口元にかけてを自分の吐く息の水蒸気による湿度で保湿しています。

 

帰宅後は石鹸で落とせるメイクなのでお風呂のときに体を洗う流れで、泡でささっと洗ったら終了です(ボディソープでも十分です)。アイメイクなどのポイントメイクは石鹸では落ちないので、ささっと美容オイルをなじませた後に洗顔します。多少の油膜感は残りますが、乾燥を助長させてしまうよりはずっとマシなので気にしません。

 

入浴後はすぐに保湿します。乾燥肌なのでクリーム系を使うことが多いです。

 まずは、ビューティフルスキンのCフォーカスエッセンス(フラーレンという強力抗酸化成分とビタミンCを配合したすっと吸収する低刺激なエッセンス)↓

yjimageCO0VSDZE

次に、ルミキシルクリーム(スタンフォード大学で開発された有名なブライトニングクリーム。)効果はマイルドですが、使い続けると肌全体のスキントーンは明るくなりました。ハイドロキノンに比べると刺激がだいぶ少なく赤みが出づらいです。↓

71DIvAG5M1L._SX466_さらにナビジョンのTAクリームAA(レチノール入り)を使っています↓

5237467A-D430-47BE-9097-CF24458D5EF8ほんとは3種類もつけたくないのでクリームは1本化したいところですが。。。

 以前はクリームはルミキシルナイトクリーム(レチノール入り)を使用していました。↓

21015_p01ルミキシル ナイトクリームを使い切ったのと、真夏の夕暮れどきにゴルフの練習で西日に長時間さらされてしまった事件で肝斑が出てきたのでトラネキサム酸入りのものを使いたいという事情でナビジョンを今は使っています。。肝斑は内服もしたのでだいぶ引きました(;´Д`)ナビジョン使い切ったらまたルミキシルナイトクリームに戻すつもり。

あとは、毛穴がつまってきたりめだってきたな~とか、小じわやハリの低下が目立ってきたなた~と感じたときは、部分使いの強めのレチノールを塗っています ↓今はセルニュープラスのVAエッセンス(コスパが良い)を使用中。

VA

 

こんな感じです。食事会など友達と久しぶりに会うなどのお出かけイベントの際にはファンデーションやコンシーラーも使ってしっっかりめにメイクをしますよ。その日ばかりはクレンジングオイルを使いますが、たまになので大きな負担にはなりません。

 

レチノール(ビタミンA誘導体)は以前にもブログで書きましたがエイジングケアには欠かせません(使い始め2週間くらいはA反応と呼ばれる乾燥や赤み・細かい皮むけなどの時期がある場合が多いですが、結局は肌そのものの保湿力を高めていってくれます)。

レチノール初心者の方は、A反応が少ないものから使用をおすすめします。A反応とはいえ、肌に一時的に炎症を起こすので程度が強いと色素沈着を起こすリスクがあるからです。

当院で採用しているレチノールクリームの中でマイルドなものは、、、 

   ↓ビューティフルスキンのスノーリフティクリーム(ビタミンCやフラーレンも配合)

yjimageN7IAD4EU

    あとは、最近追加採用した、 セルニュープラスのモイスチュアクリーム↓

kuri-mu

 

 

CMのイメージなどで選ぶのではなく、自分に必要な成分を化粧品数を最小限に抑えて使用することが大切かと。

またまた長すぎるブログになってしまい失礼しました。。お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME