メニュー

実は、、BBLにきび治療が人気です

[2020.11.13]

ニキビの保険診療は近年効果の高い外用薬も国内で認可され、昔に比べると、だいぶ改善が見込めるようにはなってきましたが、重度のにきびの方にはまだまだ効果が弱く、保険診療だけで劇的に改善するところまでには至らない現状です。

「ちゃんと顔を洗ってれば、にきびなんて治るよ?」「脂っこいものばかり食べてるんじゃないの?」なんて、信じがたいコメントを発するドクターもいると患者様から耳にすることもありますが、、。正しいスキンケアや食習慣はもちろん大切ですが、一度定着した重症ニキビには、はっきり言ってそれだけでは解決できないですよ。。

ニキビの一番の問題点は炎症が長期化することで瘢痕(凸凹した痕)になってしまうことです。よってにきびが出来やすい思春期~青年期にしっかりとコントロールしていくことが必要なのです。にきび痕を治すことは、現在の美容皮膚科医療の中でも最も難しい部類に入ります。。なので、予防が大事です!ホントに。。

イソトレチノイン(ロアキュテイン®)を内服してしまうのが、効果の面ではてっとり早いのですが、厚労省から警告が出ている通り、副作用として「うつ症状」などの報告があり、国内で認可されていないのが現状です。当院では「最終兵器」という位置づけで患者さんには注意事項をしっかりと説明した上で処方しています。

さて、イソトレチノイン内服のように全身的なリスクがほとんど無く、わりとしっかりと効果を発揮してくれる治療としてBBL光治療があります。

BBLは光治療機の1つで、光治療は別名フォトフェイシャルと呼ばれてます。

 

光治療といえば、くすみやシミなどの色味の改善というイメージですが、実はにきびにも効くんですよ☆

ニキビの原因菌、アクネ菌はポルフィリンを発生しながら炎症を進行させます。

BBLで照射される光には皮脂腺の抑制効果とニキビ菌の殺菌効果があります。

またニキビ痕の赤みや色素沈着にもマイルドですが効果があります。

新しいにきびがどんどん出来てしまう方は、にきび専用フィルターを用いた施術『BBLにきびセットアドバンス』がおすすめです。

アドバンスセットでは、顔全体に一般照射を行った後に、420と590の2種類のフィルターを用いてにきびが出やすい部分に重点的に照射を行います。

420フィルターの光が照射されると、にきびの原因菌であるアクネ菌が産出する炎症の原因物質であるポルフィリンに反応し熱と化学反応によりアクネ菌を殺菌、アクネ菌のエサとなる皮脂線を抑制します。590フィルターの光により炎症ニキビやニキビ痕の赤みを徐々に改善します。

まずは初回特別料金でお試しできますので、効果を実感いただいたら、月1回まずは3回から5回ほど継続しニキビの活動性をググっと抑えてしまいましょう!良くなってきたら、施術の間隔をあけていくか、施術の強度をマイルドなものに変更していくか。患者さんのライフスタイルやご希望をまじえて相談しながら決めていきます☆

にきびでお悩みの方は、是非ご相談ください。

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME