メニュー

シミ くすみ ピコレーザー治療

ピコレーザー

ピコレーザーは最新のシミのレーザー治療機器です。 

従来のQスイッチレーザーの照射時間がナノ秒(十億分の一秒)単位であるのに対し、ピコレーザーは一兆分の一秒単位(ピコ秒)。これにより正常皮膚に対するダメージを極限まで小さくすることができ、メラニン色素だけを選択的に破壊することが可能となりました。
また、Qスイッチレーザーの作用は主に熱作用であったのに対し、ピコレーザーでは主に光音響による衝撃波の作用によりメラニン色素を破壊するため、従来のQスイッチレーザーに比べ施術中の疼痛や熱傷(やけど)のリスクが軽減され、施術後の色素沈着などのダウンタイムも軽減されました。

それにより従来のQスイッチレーザー治療後には必須であったテープ保護は基本的に不要&顔全体のシミ治療が可能となりました。

 

☆ピコレーザーはこんな方におススメです☆

従来のレーザー治療のように施術後に顔にテープを貼るのに抵抗がある。

従来のレーザー治療のように施術後の炎症後色素沈着が半年近く続くのは抵抗がある。

BBLやM22等の光治療(フォトフェイシャル)で効果が頭打ちになった。

シミだけでなくくすみも改善したい。

 

厚生労働省承認機器を使用

 

治療の種類

◆ピコショット(シミ取り) 
シミにスポットで照射します。施術後テープ保護は基本的に不要、メイクをして御帰宅いただけます。

★顔全体の施術(ピコショット放題が可能です。

★医師がピコショットを担当します。肝斑などレーザーをショットで当ててはいけない部分を見分けながら慎重に照射を行います。


【適応】老人性色素斑、ADM(後天性メラノサイトーシス)等 

※シミが深い、厚いなどの場合は1度でシミが消えない場合があります。その場合は6か月ほど(最低3か月)間隔をあけて何回か照射を繰り返します。

 

◆ピコトーニング(くすみ取り) ☆1か月に1度のくすみケア☆
ピコレーザーを低出力で照射することでメラニン色素を少しずつ分解・排出し、ダウンタイムは軽度にお顔のくすみ改善、トーンアップを図ります。
【適応】肝斑(※)、くすみ

肝斑の方はトラネキサム酸の内服治療が基本となります(照射単独では悪化のリスクが高くなります)。あくまで、補助的な治療とお考え下さい。

※約4週間おきに3~5回ほど繰り返していただくと効果が実感しやすくなります。(最低でも3週間以上間を開けなければなりません)。

☆抗炎症・美白成分であるビタミンCとトラネキサム酸を肌に導入する心地良いオプショントリートメント「メソポレーション」を組み合わせていただくと相乗効果が高まるためおススメです

↓↓↓

●施術概要
痛み

ピコショットは輪ゴムでパチンと弾かれるような痛み、ピコトーニングはパチパチと弾かれるような刺激がありますが、強いお痛みではありません。

 

ダウンタイム

施術後直後は赤み、ひりつき、灼熱感、かゆみ、ほてり感、ふきでも等の肌荒れ、粉が吹いたような軽度の皮むけを認めることがあります。これらは通常数時間~1週間ほどで自然消退します。ショット部位のふくらみ、赤黒く変色,ショット部位は軽度の痂皮ができることがありますが通常は1-2週間ほどで自然に消退します。

 

また稀に施術2~3週間後から一過性の色素沈着(一時的にシミが濃くなること)や白斑がありますが通常は3か月~6か月ほどで消退します。活動性の強い肝斑またはトラネキサム酸内服をきちんとしていない、紫外線や摩擦を回避できていない等の場合は、ピコトーニングにより肝斑が悪化することがあり、無理に継続すると白斑を合併します。こうなると濃いところと白抜けしたところが混ざり合い、非常に強い色むらを形成し改善までに長期を要するため、勝手な判断はせず、医師の指示を厳守してください。

メイク 照射直後から可能ですが、強い摩擦はお控えください。
入浴・シャワー 当日より可能ですが、長時間の入浴や熱いシャワーを照射部位に直接当てることはお控えください。

【ダウンタイム写真①: ↑ピコショット直後の状態↑】・・蚊に刺されたようにぷくっと赤くなります。

 【ダウンタイム写真②:↑ピコショット翌日の状態↑】・・ぷっくりとした赤黒いホクロのようになります。約7日~10日ほどで薄いかさぶたがほとんど脱落しシミが薄くなっているのを御実感いただけます。

よくある質問

Q.1回の治療でキレイになりますか?回数がかかる場合の期間と回数の目安はどうなりますか?

A.多くの場合は1度で効果を実感いただけますが、シミの厚み、深さによって、1度の照射でシミが完全には消えないことがありますので、治療回数がかかる場合があります(あくまで目安ですが、老人性色素斑で2~4回程度、ADMなどの真皮性色素斑で5~8回程度)。

同じ部位に再度レーザー照射する場合は、6か月程間をあけていただきます(最低3か月はあけなければなりません)。

シミを皮膚ごと切除しているわけではないので、一度薄くなった又は消えたはずのシミが数か月~数年でまた出てくることがあります。

Q.副作用はありますか?

A.施術後直後は赤み、ひりつき、灼熱感、ショット部位のふくらみ、赤黒く変色,ショット部位は軽度の痂皮ができることがありますが通常は1週間ほどで自然に消退します。また稀に施術2~3週間後から一過性の色素沈着(一時的にシミが濃くなること)がありますが通常は3か月~6か月ほどで消退します。

 

料金表

治療メニュー

※ピコショット放題・・・顔全体のシミ打ち放題

※ピコショットは医師が担当します。

 

税込料金

※診察料別途

初診:3,300円

再診:1,100円

ピコセット+メソポレーション

:ピコショット放題+ピコトーニング+メソポレーション

所要時間:1時間半程度

 

99,000円

ピコセット

:ピコショット放題+ピコトーニング

所要時間:1時間~1時間15分程度

88,000円

ピコショット放題+メソポレーション

所要時間:1時間程度

88,000円

ピコショット放題

所要時間:45分程度

77,000円

ピコトーニング+メソポレーション

所要時間:1時間程度

30,800円

ピコトーニング

所要時間:45分程度

19,800円

ピコトーニング頬+メソポレーション頬

所要時間:45分程度

27,500円

ピコトーニング頬のみ

所要時間:30~45分程度

16,500円

部分ショット打ちのみ

(部分ショット打ちの方はネット予約不可✖。お電話か窓口予約となります)

1個11,000~

※以下の方は施術を原則受けられません。

妊娠中の方、日焼けされていたり、皮膚に炎症や傷がある方、極度のケロイド体質・極度のアレルギー体質、光過敏症、てんかん等のある方は原則お受けできません。その他、診察の結果、施術が困難な場合があります。

※トレチノイン、レチノールなどのレチノイド製剤や化粧品を外用中の方は肌が強い方は最低3日、肌の弱い方や敏感肌の方・赤味の出やすい方は最低1週間は施術までの間、外用を中止してください。

詳しくは診察をお受けください。

 

※美容皮膚科受診の際の注意事項(必ずお読みください)※

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME